私流 ベジごはん   レシピ

8月のレシピ

◆ ゴーヤとじゃがいもの甘味噌炒め
◆ 黒糖ゼリー

◆ ゴーヤとじゃがいもの甘味噌炒め





ゴーヤの苦味は、血液をきれいにする働きがあるとアーユルヴェーダでは

考えられています。苦味も、甘味噌を使うことによって、とてもマイルドになり、

食べやすくなります。

じゃがいもをナスに変えても美味しいですよ。

材料:

 ゴーヤ   ・・・・・  150g   
 じゃがいも ・・・・・   150g      
 甘味噌   ・・・・・   大さじ3
 シソ    ・・・・・   3〜4枚  
 ごま油  ・・・・・   大さじ1
 
 

作り方:

 @ じゃがいもは、皮をむいて半月の薄切り。ゴーヤはわたと種をとって、
   2〜3o厚さの半月に切る。シソは細い千切りにする。

 A ごま油大さじ1をあたため、ゴーヤとじゃがいもを加え炒める。

 B じゃがいもが透き通ってきて、ゴーヤがしんなりしてきたら、
   甘味噌とシソを加え、さっと炒める。
 

Point!


じゃがいもが鍋にはりついて炒めにくい時は、大さじ1くらいの水を加えると、
炒めやすくなります。



◆ 黒糖ゼリー






とっても簡単に出来ます。 きなこと混ざって、わらび餅を

食べているような感覚です。

きなこの香ばしさと黒糖の甘さがちょうどいいバランスです。


材料: 
 
 アガー  ・・・・・   大さじ1
 黒糖   ・・・・・  100g
 水    ・・・・・  600cc
 きなこ  ・・・・・  お好みで
  


作り方:

 @ アガーと黒糖をよく混ぜ合わせる。

 A 鍋に水をいれ、@を加え、火にかける。

 B 鍋底にはりつかないよう、よくかき混ぜながら煮る。

 C 沸騰してきたら、火を弱め、さらに2分煮る。

 D 型に流し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

 E 食べやすい大きさに切り分け、器にもり、きなこをかけていただく。


Point!

アガーは、沸騰してからさらに1〜2分煮ることを忘れないでね。



今回使用した調味料

●理研ビタミン 素材力こんぶだし
●マルシマ 淡口しょう油
●マルシマ 濃口しょう油
●ブラウンシュガー
●みりん 味の母
●天草の塩
●ごま油 カドヤ



ページトップへ
ベジごはんトップへ
ベジごはん教室
ダイアリー
レシピ
ベジカフェ
ビオあつみ教室のご案内