私流 ベジごはん   レシピ

11月のレシピ

◆ こんにゃくと里芋の味噌煮
◆ 白ナと油揚げの和えもの

◆ こんにゃくと里芋の味噌煮






寒くなると、こってりとした味噌味のお惣菜が良く似合います。

甘味噌を作っておくと、ふろふき大根、キャベツの炒め物、

こんにゃくなどに使えて便利ですよ。

材料:

 里芋    ・・・・・   400g  
 人参    ・・・・・   100g      
 こんにゃく  ・・・・・   1枚 200g
 水     ・・・・・    100cc
 昆布だし  ・・・・・    小さじ 1 
 甘味噌   ・・・・・   適宜
 
 

作り方:

 @ 里芋は皮をむいて、塩でもみ洗いしてから、さっとゆがく。

 A こんにゃくは一口大にちぎり、さっとゆがく。

 B 人参は乱切りにして、水から茹でる。
 
 C 鍋に大さじ1の油を熱し、すべての材料を炒める。

 D 水と昆布だしを加えて、中火で煮る。

 E 野菜が柔らかくなって、水分がなくなったら、甘味噌を加え、ひと煮たちする。

 

Point!


甘味噌は、田舎味噌と砂糖の割合は、10:6位がよいですが、味噌によって違うので、
好みで砂糖を増減させてください。



◆ 白ナと油揚げの和えもの





白ナは、白菜のぬき菜です。

小松菜より柔らかく、クセがないので、とても食べやすい菜っ葉です。

油揚げとの相性もよく、少量の醤油を全体によくなじませると、

美味しくできます。


材料: 
 
 白ナ   ・・・・・   1束 250g
 油揚げ  ・・・・・  1枚
 淡口しょう油 ・・・・・ 小さじ2
 


作り方:

 @ 白ナは、熱湯でさっとゆがき、水に放つ。

 A 2cmくらいの長さに切り、よく水気をしぼる。

 B 油揚げは、オーブントースターでさっと焼き、2〜3cm位の千切りにする。

 C Aの白ナをほぐして、淡口しょう油を加え、よくもむ。

 D Cに油揚げを加え、よく混ぜ、もう一度味をなじませる。


Point!

白ナは、小松菜に変えることもできます。水気をよくしぼり、小さ目に切って、

しょう油をもみこむのがコツです。



今回使用した調味料

●理研ビタミン 素材力こんぶだし
●マルシマ 淡口しょう油
●マルシマ 濃口しょう油
●ブラウンシュガー
●みりん 味の母
●天草の塩
●ごま油 カドヤ



ページトップへ
ベジごはんトップへ
ベジごはん教室
ダイアリー
レシピ
ベジカフェ
ビオあつみ教室のご案内